Daily Archives

One Article

ついに登場!「離婚.com」

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って修羅場と化すシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害・殺人まで起きるというストーリーもよく使われます。浮気の現場を直接つかまえるのもやり方の1つでしょう。別れるつもりがあるならば、問題ないかもしれません。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても別れたくなければ昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはするべきではありません。パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

日々の生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは他人に頼まなくてもできますが、浮気の事実を決定づける証拠を入手するためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

探偵の浮気調査の場合でも時には失敗することもあります。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、思わぬミスをすることがありえます。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。

尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当たり前のことですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。
ワクワクメール
また、尾行する際に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認がいります。

GPS端末を使い、良く行く場所を調べて、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。懐具合が心もとないときには、GPSで調べるだけでも、様々なやり方の選択肢の一つです。GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。しかし、単独で行くのは、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するという方法があります。